食べ物を変えることでニキビ跡クレーターの治りを早くする!

ニキビ跡というものは敏感肌の人ほどなりやすいといわれています。ニキビ跡は、肌に出来た炎症、傷、または色素沈着によるシミの状態のことを指し、ひどい場合にはクレーター状態になるということがいわれています。クレーター状態とは、肌荒れやニキビの跡が原因で肌が凹凸になってしまっているものをいいます。

このニキビの原因としては、赤ニキビが悪化して強い炎症が進行することで皮膚組織まで破壊されることです。肌が弱い人や、皮膚が硬い人などがなりやすいといわれています。改善するにはスキンケアや生活習慣に気を付けるということも重要ですが、これはニキビ跡を改善するのにはあまり効果がありません。食生活から見直していくことが重要なのです。

食生活を意識することで肌のターンオーバーを促進する栄養を見直す点で重要になってきます。特にタンパク質を含む食品を摂取することで肌の修復や再生をよりスムーズに行ってくれるのです。タンパク質を含んでいる製品として肉や魚、卵、牛乳、チーズ、納豆、豆腐、大豆製品などがあげられます。

ほかにもビタミン類が含まれた食品やミネラルの含まれた食品が肌にいいといわれていて、人参やカボチャ、きのこ、海藻類、豚肉、ナッツ類、うなぎ、鉱水などの食品類があげられます。

 

しかしニキビ跡を解消するには食べ物だけに気を使っていても改善はできません。適度に睡眠をとることや運動することを心掛けておかないと完全な対策はできないのです。というもの、運動することで代謝がアップし不必要な角質はきちんと取り除かれることで肌のターンアップもより効果的なものになります。アクポレスの口コミ

睡眠も同じく、肌の修復や再生は肌のゴールデンタイムといわれる22時~2時に行われています。なるべく意識して早く寝ることで摂取した栄養が肌に効果をもたらすことができるのです。もし食べ物によるニキビ跡の改善に興味があるという人がいましたら、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

コメントは受け付けていません。