知っているようで知らないコスメ:季節ごとにスキンケアを変えよう

季節ごとにスキンケアを変えるのは、お肌を綺麗に保つ上で当然のことと言えるでしょう。なぜならば、日本には春夏秋冬があるからで、お肌に大きな影響を与える湿度や紫外線量が、季節によって変わってくるからに他なりません。

通販で売っているような、お手頃価格のコスメでも構わないので、それらを使って季節に合わせたスキンケアするのが大事です。例えば1日の気温差が激しい春などは、ニキビや吹き出物等のトラブルにも見舞われやすい季節とされていますが、皮脂の分泌に対応した化粧品でトラブルを回避することは十分に可能です。

 

そして汗の量が最も増える夏は、保湿成分が少なめのコスメを使うのが無難です。こうして常に肌をスッキリさせておけば、肌荒れ防止に役立つのは間違いありません。

また、外に出る時はシミやくすみの原因となる紫外線の対策を施すのが一般的で、この場合は日焼け止めクリームを塗るのがお勧めです。

 

更に秋は、春と同様に気温の高低差が激しくなるので、各々の肌質に合った化粧品でケアするのが大切になってきます。夏の間に受けてしまった肌へのダメージを回復させる季節でもあるので、この時期のお手入れは欠かすことができません。

そして四季の中で一番寒い冬は、最も肌が乾燥しやすい季節となっていて、十分な保湿が必要です。エアコン暖房の効いた部屋に居る時などは、乾燥を防ぐためにも保湿器を置くのが望ましいでしょう。使用する化粧品も、保湿効果の高いコスメに切り替えることをお勧めします。ゲンタシン軟膏0.1%

 

 

コメントは受け付けていません。