多汗症手術の副作用は?

多汗症は交感神経が昂ぶることで手のひらや脇、足の裏など体のあちこちから過剰な発汗が見られる症状です。大勢の前に立つことで極度の緊張を感じたり、仕事中の過度のストレス、生活習慣による交感神経の不具合といった原因がありますが、いずれにしてもじんわり汗をかくというより水滴を作ってしまうほど発汗するので、他人との握手ができなくなるなど問題が生じてしまいます。

この症状を改善するためには様々な方法がありますが、最も手早く確実に行えるのはETS手術です。ETSは発汗を促す交感神経を切除する内視鏡手術のことで、背骨に沿って上下に走っている交感神経を脇の下から内視鏡を挿入し、適度な位置で切除することで上半身の発汗を抑えるというものです。

手術自体は短時間で済み効果もすぐに発揮されますが、この手術方法は副作用を伴うと言われています。人間は体温を下げるために様々な場所から汗を出すようになっていますが、交感神経を切除したために顔などから汗が出なくなってしまい、背中やお腹、太ももなどから余計に汗が噴き出すようになります。

手汗を手術で治すなら【名古屋厳選クリニック】

この状態を代償性発汗と呼び、本来なら発汗するべき場所の汗を別の場所から補うようになるため、これまで以上に汗が出るようになります。増える汗の量などは個人差があるので、どの程度の発汗量となるかは分かりませんが、中には前より酷くなってしまったために手術をしたことを後悔する人も少なくありません。医師の方で手術をする前に説明をされるので、副作用を踏まえて実行するかどうか検討することが大切です。

コメントは受け付けていません。