体に悪い悪玉活性酸素

様々な病気の原因になる悪玉活性酸素ですが、悪玉活性酸素は呼吸をしているだけでも体の中でどんどん作られてしまいます。実は呼吸以外でも悪玉活性酸素は発生するのですが、主な理由は以下のとおりです。

  •  ストレス
  •  大食い
  •  紫外線
  •  放射線
  •  環境汚染物質

ストレスを感じると一時的に血管が酸欠状態になります。
体はこの酸欠状態を治そうとして酸素を送り込むのですが、
一気に酸素を送られると悪玉活性酸素が発生してしまいます。

物を食べると消化されますが、消化液を作る際にもエネルギーが必要です。
大食いや早食いをすると大量の消化液を作ることになるので、
その分悪玉活性酸素が多く発生してしまいます。

日焼けをするとシミになる事がありますが、
シミの原因は紫外線により一重項酸素と言う強い酸化力を持った悪玉活性酸素によるものです。

続いて放射線ですが、人間の体には多くの水分があります。
放射線が体に当たると水と反応してヒドロキシルラジカルと言う最強の悪玉活性酸素が発生します。
放射線による健康被害はいろいろありますが、その多くはヒドロキシルラジカルが関係しています。

最後は車の排気ガスやタバコ、アスベスト、などこれらを吸い込んだだけでも悪玉活性酸素が発生します。

水素で除去する

これたの悪玉活性酸素をそのままにしておくと多くの病気や老化を早める事になります。
そこで活躍するのが水素です。

水素は悪玉活性酸素と反応して体から除去してくれます。
そしてもっとも手軽に水素を摂る事が出来るのはサプリメントです。

特にハイドロゲンと言う商品は人気が高く多くの方が実際に飲んでいます。
ハイドロゲンの口コミも非常に良く試す価値は十分にあります。

コメントは受け付けていません。