ミノキシジルの「多毛症」でヒゲが濃くなった・・・対処法は?

薄毛対策として、ミノキシジルを使用している人も多いと思います。外用薬ではリアップが薬局やドラッグストアなどでも手に入りますし、個人輸入代行業者を使えば、ネット通販でミノキシジルタブレットやジェネリック医薬品なども自由に購入することが可能です。

クリニックに通うよりも安くつくので、若ハゲ対策で使用している方も多いですね。

しかし、ミノキシジルといえば心配なのが副作用。とくに内服薬タイプのミノキシジルタブレットは、育毛効果が高いぶんそれだけ副作用の発症リスクも高いと言われています。

ミノキシジルの副作用「多毛症」とは

そんなミノキシジルの副作用の一つに、多毛症というものがあります。これは文字通り毛が増える作用で、髪の毛以外の体毛までも濃くなってしまうという現象です。

とくに男性の場合多いのが、ミノキシジルを使用してからヒゲが非常に濃くなったという悩み。薄毛とおなじように以前からヒゲの濃さで悩んでいた人にとっては、せっかく髪の毛が増えてもヒゲも一緒に濃くなるという二次被害のようなものもあるようです。

多毛症を解消するには

しかし、多毛症で悩んでいる方は、ミノキシジルの使用を中止すればまた徐々に元に戻ってくるので安心してください。しかし、その際はまた髪の毛が薄くなる覚悟は必要です。

どうしても髪の毛をキープしながら多毛症をどうにかしたいという人は、ヒゲだけはメンズクリニックなどで永久脱毛するという方法もあります。コストはかかりますが、それが一番手っ取りはやく確実ではありますね。

もしくは最近では家庭用脱毛器なども発売されているので、そういったアイテムを使って多毛症を解消するのもアリです。メンズクリニックよりはコストは安く済むので、一度検討されてみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。